トップページ > しもやけ予防の靴下について

しもやけ予防の靴下について

しもやけを発症してしまう大きな原因というのは手足の血液の循環が悪くなってしまうことにあるとされています。血液の循環が悪くなってしまうという最大の原因は、身体の冷えにあるといわれています。そのために秋頃になって気温が下がりはじめてくると、靴下や手袋などで冷えの対策をすることが重要となってくるでしょう。

 

手の冷え対策としては手袋を常備したり、冷たいモノには極力触らない、ポケットに手をいれておく、カイロを握るなどの多くのことが考えられます。足の場合には靴下選びやその履き方に注意するといったことが重要になってくるといわれています。

 

まず外出するときには必ず厚手の靴下をはくようにするといいでしょう。ともかく足先が冷えてしまわないように心がけていくといいでしょう。こうしたことに加えて、靴に中敷きを敷くことで靴の中が冷えないようにすることを心がけるといいです。

 

しかし、靴下の使い方を間違えてしまったことによって、しもやけが逆に悪化してしまうというような場合もあるので注意すべきです。しもやけを予防するというのには冷えをしっかりと予防するということも大切なことです。しかし、それと同じくらいに大切なこととして蒸れるのを防止するといったことも重要になってきます。

 

厚手の靴下の種類にもよるのですが、中には保湿性がかなり高いために足に汗をかかせてしまうものがあるのです。そういった靴下を使っていると、汗が蒸発していくときに足の熱を奪っていくので逆効果となってしまうのです。

 

汗をかいてしまったときには面倒がらずに、こまめに拭き取るようにするなどの工夫が必要となってきます。そうしたことをしたくないというのであれば通気性に優れた靴下を選んでおくといいでしょう。

 

また、靴下をはいたほうがいいからといってもお風呂上がりにすぐに靴下をはいてしまうというのも足が蒸れてしまう原因となってしまいます。他にも靴下の締め付けが強い靴下は血流を悪くしてしまうこともあるので、締め付けのゆるい靴下をはくようにするといいでしょう。

 

靴下をはいていても足が冷えてしまうというようなときには、靴下の中に唐辛子をいれておくと暖かくなります。これはとても有名な方法なので御存知の方も多いでしょう。

 

また、カイロなどをブーツの中に入れているという方もいるのですが、足が汗をかいてしまうということも多いので、ほどよく暖まってきたら取り出すなどをしておいたほうがいいでしょう。