トップページ > しっかり噛んで食べることが食生活改善につながる

しっかり噛んで食べることが食生活改善につながる

こちらではよりよい食生活を送るうえでの注意点について紹介したいと思います。食べる物については勿論重要ですが、何を食べるにしても「噛むこと」が大切です。あまり噛まずに飲み込んでしまう人もいるでしょう。しっかり噛んで食べることは、食生活の改善と同様重要です。

 

それでは、どうしてしっかり噛んで食べることが重要なのでしょうか?これにはいくつかの理由があります。まず1つ目の理由としては、「食材をしっかり噛むことで、食べ物が消化されやすい状態になるため」です。

 

消化されにくい状態で胃に入ってきたとしても、栄養分として吸収されないことがあります。よく噛んで噛み砕くことは非常に重要です。それから、よく噛むことで唾液の分泌量が増えるため、その結果虫歯を予防することもできます。

 

柔らかいものばかりを食べていると、やがて唾液の分泌量が減り、虫歯になりやすくなります。目標体重に近づくために食生活を改善しようとしている人もいれば、食べ過ぎが原因で肥満体型になってしまっている人もいるでしょう。

 

食べ過ぎの原因としては、脳が満腹感を得る前に必要以上に食べてしまうことが考えられます。食べ物が胃に入ってから満腹感を得るまでにかなりの時間を要してしまいます。必要以上に食べ過ぎないようにするためにも、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

 

なかには「食べ過ぎているという実感はないのに、気が付いたら食べ過ぎていた」という人もいるでしょう。そのような人は、噛む回数が少なく、早食いの傾向があります。