トップページ > 糖尿病の改善のための薬

糖尿病の改善のための薬

糖尿病の治療ではインスリン注射が有名ですが、実際には改善で用いられることが多いのは経口血糖降下薬と呼ばれる飲み薬です。代表的な薬としては、まずα-グルコシダーゼ阻害薬が挙げられます。軽症の2型糖尿病患者に多く用いられている薬です。

 

これは体内に摂りいれられた炭水化物を糖に変えるα‐グルコシダーゼという酵素を阻害することによって、糖の生成を遅らせ、急激な血糖値の上昇を抑えます。食後高血糖が生じやすい人に特に有効です。

 

また、インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)はインスリンの作用が起こりにくくなっている人に有効です。食事療法や運動療法を行なっても改善がうまく進まない人に用いられる薬です。ビグアナイド薬は肝臓で糖を作ることを抑える働きがあります。そのため、肥満体質になりにくくする効果もあります。

 

インクレチン関連薬は、小腸から分泌されるホルモンの「インクレチン」を活性化させ、インスリンの分泌を促進します。また、すい臓で作られる血糖を上げるグルカゴンのはたらきを抑えます。SGLT2阻害薬は血中の過剰な糖を尿から排出させることを目的とした薬です。

 

こういった薬は血糖値の改善に有効ですが、一方で副作用が無いわけではなく、糖尿病治療は長期に渡ることがほとんどですから、それなりにリスクがあります。できるだけこうした薬のお世話にならないように、普段から血糖値に気をつけて生活することが大切です。