トップページ > フコイダンが持っている抗酸化作用について

フコイダンが持っている抗酸化作用について

フコイダンの作用の一つとして抗酸化作用があるとされています。活性酸素の働きを抑制させることを抗酸化作用といいます。活性酸素によって脂質が過酸化脂質になり、タンパク質と結合すると、ボフスチンといわれる老化色素が作られるようになるのですが、フコイダンを摂取することで、ボフスチンの合成を抑制させられるようになるのです。

 

人間だけではなく、地球上の生物は呼吸をしなくては生きていくことはできません。多くの動物は大気中にある酸素を取り込むことで生命を維持することが出来るようになっています。その体の中に取り込まれた酸素が栄養素と結合してエネルギーを作り出しているのですが、その酸素の一部が酸化をして活性酸素になります。

 

活性酸素というと、体を老化させてしまう有害なものだというイメージを持っている人も多いのではないかと思いますが、活性酸素は殺菌作用があり、ある程度は体の中に無くてはならない存在になっているのです。しかし、この活性酸素が一定以上に増えてしまうと、体の中の細胞に攻撃をするようになり、生活習慣病などの原因になってしまいやすくなります。例えば、癌や動脈硬化なども、活性酸素が原因になってしまうことが多いです。ですので健康維持をしていくためには抗酸化作用もとても重要になるということです。

 

無意識のうちに呼吸をして体の中に酸素を取り込んでいますが、遅かれ早かれ体は酸化をしていき、老化してしまいます。日光を浴びていると紫外線によって活性酸素が作られるようになりますし、喫煙や睡眠不足、環境汚染物質などでも活性酸素は増えてしまうことになるのです。健康を保っていこうと考えるのであれば、いかにしてこの活性酸素の働きを押さえていくのかを考えるようにしなくてはなりません。その活性酸素を抑制する働きとして、最近フコイダンも注目されるようになってきているのです。